Endless Summer

  

街を見下ろす丘の上で、少年は立ち尽くしていた。

 夏の匂い。 虫かごをぶら下げて駆け回った原っぱで、思い切り吸い込んだ空気。

夏の光。 目を細めてもなお、まぶたに焼き付く強い日射し。

夏の音。 火照った身体を包み込む蝉達の合唱。

夏の色。 草木の緑、澄んだ海と空の青、輝く太陽の赤。

そして汗ばんだ首筋をそっと撫でた…夏の風。

 

きっと忘れない。

それが僕の、永遠の夏。

 


 

Contents

About

Diary

Note

BBS

Links